エリクシール ホワイトの日中美白乳液(デーケアレボリューションC+)の特長と効果

エリクシール ホワイト デーケアレボリューションC+

乳液・美白・UVケアが一つで!夕方までハリと明るさが続く日中用乳液

化粧下地と日焼け止めを兼用していましたが、毎朝のことながら面倒なうえ肌に悪い気がして使い始めました。乳液効果は期待していなかったのですが、夜まで乾く感じがしなかったので、十分保湿してくれてるのだと思います。近所だけの外出なら化粧水後、これ一つで全部済ませちゃいます。

エリクシールホワイトの日中美白乳液です。SPF50+、PA++++の高UVカット効果がありながら、m-トラネキサム酸がメラニン色素の生成をブロックし炎症や肌荒れを防ぐのが特徴です。化粧下地効果もあるので、メイクや日焼け止めによる肌負担や手間を減らせます。日中の紫外線ケアと美白が一つで出来ると人気の化粧品です。
公式HPへ資生堂 エリクシール ホワイト トライアルセット

 

エリクシールホワイトから発売されている日中美白乳液デーケアレボリューションC+は美白もできる乳液としての位置づけにとどまらない幅広い魅力を備えている製品です。

SPF50+、PA++++のUVカット効果がある日中用美白乳液

日中用とわざわざ名づけられているには理由があります。日中に降り注ぐ紫外線を防ぐためのUVカット効果を備えており、紫外線対策としても利用できるのです。

 

紫外線はメラニン色素の生成を促すだけでなく活性酸素を増加させることで肌の老化そのものの大きな原因となります。

 

このデーケアレボリューションではSPF50+、PA++++のUVカット効果を備えており、紫外線をしっかりブロックすることで美白ケアに相応しい環境を整えてくれます。

 

紫外線対策といえば日焼け止めがまず連想されますが、このアイテムは肌に負担をかけてしまう問題点を抱えています。

 

シミ・くすみが気になる肌に負担をかけずに美白ケアを行っていくうえでも日焼け止めを使わずに済む点は非常に大きなメリットになるでしょう。

 

そして美白成分にはm-トラネキサム酸が配合、紫外線をカットしつつこの成分でメラニン色素の生成をブロックしていくことができます。またこの美白成分には炎症を防ぐ効果も備えているため、肌が不安定な状態を改善するうえでも役立ちます。

 

シミができやすい肌は繰り返し炎症を起こすような不安定な状態にあります。この状態を放置しておくとスキンケアそのものが刺激になってしまう恐れもあるだけに大きな意味を持っています。

 

このバリア機能の低下による不安定な状態を改善するため、保湿成分を充実させているのもデーケアレボリューションC+の特徴です。

日焼け止め効果だけでなく化粧下地としても使え肌負担を掛けずに使える

資生堂が独自に開発したコラーゲンGLのほか、イザヨイバラエキスなどの保湿成分が配合されており、肌をうるおいで満たすだけでなく全体をマスクのように包み込むことで角質層内で水分が保たれる保水力をアップさせる効果も期待できます。

 

しかも日焼け止めだけでなく化粧下地としての機能も備えています。

 

外出する機会がないときなどは化粧水の後にこの乳液を使うだけで基本的なケアを完了させることができるので時間と手間を節約できますし、過剰なケアを避けることで肌への負担も最小限に抑えることができるでしょう。

 

それでいて朝に使えば効果は夕方まで持続、日中シミのリスクを心配することなく過ごすことができるのです。

 

美白ケアはシミができやすい肌環境そのものを改善することが欠かせません。そのうえ肌にできるだけ負担をかけずに適切なケアを行っていくことができるかどうかも問われます。

 

エリクシールホワイトのデーケアレボリューションC+はそんな条件を満たした魅力的な乳液といえるのでしょう。
エリクシール ホワイト デーケアレボリューションC+の公式HPで詳しく見てみる!>>

エリクシール ホワイト デーケアレボリューションC+ 52歳 乾燥肌

1. その時のアナタの肌の状態と悩み

スキンケア直後にメイクをするのですが、スキンケアで肌を散々触ったあとに、メイクでも日焼け、下地、リキッドファンデ…と塗り重ねるのが肌に負担を掛けている気がして、もっとスキンケアとメイクを楽にできないかなと思っていました。

 

2. その化粧品を選んだ理由は?

今は下地と日焼け止めを兼ね備えているだけでなく、乳液効果もあることが魅力的でした。スキンケアの乳液の工程を省けると思ったからです。これ一つを取り入れることで、スキンケアとメイクの工程がいくつかカットできるなら、やっぱり楽になるだろうなと思い買いました。

 

3. 最初の印象(テクスチャーと刺激・使い心地)は?

やはり乳液効果があるからか、塗り心地はやや硬めの乳液って感じです。しかしある程度塗っていくと、ピタッとした、肌全体を覆うようなカバー力が感じられました。あとから知ったのですが、こちらはプロテクター効果もあるようで、肌を保護する機能もあるのだそうです。そのおかげか刺激のようなものは塗っている最中も付けている間中も感じませんでした。

 

4. どんな風に使ったか?また工夫した点

朝のスキンケアの化粧水のあとに付けました。夜は必要ないので、その分、朝付けなかった乳液を重ね塗りするようにしました。

 

5. 効果と他の商品との違い、改善して欲しい点

まず物理的な手間が減ったことが、一番のメリットでした。この年齢になっても仕事をしている関係でノーメイクと言うわけにもいかないのですが、かと言って張り切ってメイクをするほどでもない…と感じていたので。それとやはり肌負担もずっと減ったように思えます。実際荒れ気味だった肌が少し落ち着いてきたように思えます。改善してほしい点は特にありません。
エリクシール ホワイト デーケアレボリューションC+の公式HPで詳しく見てみる!>>

日中美白乳液ってどんな乳液?日中美白乳液の役割と効果

日中美白乳液とはその名前の通り日中の使用を前提にして作られた美白乳液のことです。

日中美白乳液は乳液でのケアと紫外線対策が同時に効率よく行える

美白といえば美白成分によるメラニン色素のブロックがおもな目的となっていますが、日中美白乳液ではそこにプラスして日中に肌に加わる負担を軽減する効果も備えているのが大きな特徴です。

 

その最大の特徴がUVカット効果でしょう。外出する機会が多い方でなくても日中にはどうしても肌を紫外線に晒す機会が多く、その間に活性酸素とメラニン色素が増加してしまいます。

 

この環境をそのままにしておくといくら美白成分でメラニン色素をブロックしても効果は中途半端なレベルに留まってしまいかねません。

 

そもそもメラニン色素が増えてしまう環境を改善し、肌の老化そのものをできるだけ防ぐ環境づくりが欠かせないのです。

 

そもそもシミ・くすみができやすい肌はバリア機能が低下しており紫外線が大きな負担となっています。かといって効果の強い日焼け止めに頼った紫外線対策を行っていると今度は日焼け止めが肌に負担をかけてしまうことも。

デーケアレボリューションC+は最高レベルのUVカット効果に化粧下地効果も

そこで日中美白乳液では乳液でケアしながら紫外線対策を効率よく行っていける内容になっているのです。

 

買い物などちょっとした外出程度なら十分にカバーできるSPF30、PA+++レベルから本格的な紫外線対策もできるSPF50、PA++++レベルのものまで、日中に紫外線を浴びる環境に合わせて選んでいくことになります。

 

また乳液ですから、美白成分を補うだけでなく適度な油分や美容成分も補うことで乾燥、バリア機能といった肌の悩みを改善していくことができます。

 

保湿成分で角質層に潤いをもたらしつつ油分で表皮を保護し、UVカット効果で紫外線を防ぐ。

 

万全の環境でシミ・くすみ対策を行っていくことができるわけです。そうすることで美白成分の効果を最大限に高めることができます。

 

資生堂のエリクシールから発売されているデーケアレボリューションC+では国内最高レベルのSPF50+、PA++++のUVカット効果に加えて化粧下地としての役割も備えた内容になっており、肌に負担をかけずに紫外線と美白の両方の対策を行っていくことができます。

 

化粧下地の役割を備えていることでメイクの手順を減らして肌への負担を減らすことができますし、ファンデーションのノリを良くすることで厚塗りを避けながらシミ・くすみをカバーできる点も大きなメリットになるでしょう。

 

こうした美白成分以外のメリットに目を向けて日中美白乳液を選んでいくのが大事なポイントなのです。

エリクシール ホワイトの日中美白乳液(デーケアレボリューションC+)の上手な使い方

資生堂のエリクシールホワイトから発売されている日中美白乳液のデーケアレボリューションC+は乳液、プロテクター、化粧下地の3役を兼ね備えているのが大きな特徴です。

使用量は多すぎるとベタツキ、少ないとUVカット効果が薄れるので注意

その分スキンケアの手間と肌への負担を軽減することができるだけに、上手な使い方でこのメリットを活かしていくことが重要です。

 

この日中美白乳液のもうひとつの特徴は基本的に化粧水の後に使用する点です。つまり美容液を使う必要もないためシンプルなケアで美白対策を行っていくことができます。

 

まず洗顔を終えたらできるだけ早く化粧水を使い無防備な状態になっている肌を保護します。そして化粧水の成分がよく浸透し、肌に馴染むまで少し時間を置いてからデーケアレボリューションC+を使います。

 

美容成分をうまく浸透させつつ油分を表皮に補うのが非常に重要なポイントとなりますから、化粧水が馴染んでいるかどうかをよく確認してから使うよう心がけましょう。

 

乳液なので多すぎる量にも注意しましょう。

 

基本的には1回につき1円玉程度、あまり量が多すぎるとベタつきなどの不快感の原因になってしまいますが、かといって少なすぎるとUVカット効果や化粧下地としての役割が薄れてしまうので気をつけましょう。

額や小鼻、目元など紫外線を浴びやすい部分は量を多めに使う

とくに美白の観点から見ると紫外線対策効果がしっかり得られるかどうかが非常に重要になるので注意したいところ。

 

この点は肌がどれだけ乾燥して油分が不足しているかによっても適量が違ってくるので毎日使いながら自分なりに適した量を見極めていくようにしましょう。

 

また、全体によく馴染ませていくのはもちろんですが、場所によってつける量を調節する工夫も必要です。

 

これはUVカット効果を引き出すうえでのポイントでもあり、額や小鼻、目元など紫外線を浴びやすい部分は量を多めに使っていく必要があるのです。

 

ただ一度に多くの量をつけてしまうと塗りすぎてしまう恐れがあるので少しずつ重ねづけしていくのが上手につけていくポイントです。

 

塗付していく際には基本的に下から上へ、肌を持ち上げる感覚で行っていきましょう。とくに頬は口元から目元、さらに顔の輪郭の順番で丁寧につけていきます。そして目元は顔の中心から外側にかけて塗付しましょう。

 

全体にしっかりカバーできるよう塗付しつつ、場所に応じて量を調節する。慣れるまでは難しい面もありますが、上手な使い方を身につけることができればこの日中美白美容液のメリットを最大限に引き出すことができるでしょう。

 

日焼け止めや化粧下地の手間を減らしつつファンデーションのノリも良くすることができる、そんなよい使い方を心がけましょう。
エリクシール ホワイト デーケアレボリューションC+の公式HPで詳しく見てみる!>>